スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のようなもの

ニュースを見ていると、間違いの無い様に予防線を張ったようなあいまいな言葉が結構でてくるが、

最近気になったのが

「鞄のようなもの」だ。

さらにちゃんと言うと、

刃物のようなもので店員を脅し、現金約40万円を鞄のようなものに入れて逃走。

となる。

あいまいだ。
全体的に満遍なくあいまいだ。


刃物のようなもの、は、おそらく刃物なのだろう。

ただもしかしたら、ギラついたはんぺんの可能性も無くは無いから、刃物のようなものと濁しているのだと思う。
さらに言えば、使用をしていないのだから、刃物と断言できないということはよくわかる。ニセモノの可能性もあるわけだ。


が、しかし、

鞄のようなものというのがどうも解せない。

現金約40万円を入れたそれを、「持ち」去ったのであれば、

それはもう鞄ではないだろうか。

例えそれがただのビニール袋でも、大事なものを入れて持ち歩いたら、それはもうその人にとっての鞄なのではなかろうか。

鞄の定義とは一体?

と思い、広辞苑で鞄を調べてみたら、

「革またはズックなどで作り、中に物を入れる携帯用具」

とある。
なるほど。
素材はなんであれ、携帯用具という意味合いがある、故に、犯人のそれは鞄とは見なし切れないということか。ビニール袋では鞄とはいえないのだ。


が、まて。

ビニール袋に40万を入れたら、


「ビニール袋のようなもの」と言うのではないか。


きっと言う。


となると、鞄のようなものとは、ある程度鞄を感じさせるものでなければならない。


限りなく鞄に近いけど、鞄と断言が出来ないようなものということだ。



なんだそれは。



なんなんだそれは。



40万円を入れた時に、
チャック的なものを開かなかっただろうか。もしくは、紐をしゅっとひっぱって、口をあけたり閉じたりする行為を見なかっただろうか。

見たとしたら、それはもう、


鞄だ!鞄だ!鞄だ!鞄だ!鞄だ!鞄だ!鞄だ!鞄だ!


おい!おい!おいー!


あ、どうも、アニマル鞄口さん。


ということで、目下、鞄のようなものがどのようなものだったかを見て、それは鞄だ!と断言してやりたい、私なのであります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

室木おすし

  • Author:室木おすし
  • イラストレーター
    漫画家
    珍遊び探検隊隊長
    釣りバカ日誌好き
    大葉同好会副会長
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。