スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネックレスをかけている

うちの使っているシャンプーのボトルに、プラスチックのネックレスのようなものがノズルのところに掛かっている。

たぶんゴージャス感だとかオシャレ感を出すためのシャンプー会社の手口なんだろうけど、まあ、確かに華やかではある。

これ↓
130227-01.jpg


しかし、シャンプーがバタンと倒れた時に、そのネックレスが外れるんだ。

外れたら、やっぱりかけるよね。シャンプーにネックレスを。


その、シャンプーにネックレスかけている行為って

すげーバカみたくない?
130227-02.jpg

だってシャンプーってネックレスしてなくてもいいでしょ。

それなのに、捨てるのも面倒だからって、結局シャンプーにネックレスを掛けさせられる俺の時間の無駄さ加減ね。なんの意味もない時間だから、あの時間。


しかも、なんだかすごく屈辱的なんだ。


無機物にネックレスを掛けさせられるって、結構なハラスメントだよ。
すごく惨め。
裸だし。

さらに、はたから誰か見てたとしたら、「あらやだあの人、シャンプーに恋してるのかしら」とか言われかねない。

シャンプーに片思いしていて、さらにその想いの具体化が、ネックレスをかけるって、何重にバカなんだと。



しかしながら、外れたネックレスは、元に戻すという行為が、どう考えても一番合理的だし、エネルギーの消費も少ない。

というわけで毎度、屈辱に耐えながら、シャンプーにネックレスをかけているのである。


ただ、近頃シャンプーの出がいいのは、数多のその行為のおかげかもしれない。














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

室木おすし

  • Author:室木おすし
  • イラストレーター
    漫画家
    珍遊び探検隊隊長
    釣りバカ日誌好き
    大葉同好会副会長
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。