スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詰まりアフター

先日、喉に肉を詰まらせたことを書いたが、
その帰り道の終電で小中高時代の同級生とばったり会った。


10年くらいぶりで、おお!とお互いびっくりしたのだけど、


俺は数時間前に、肉を詰まらしてとんでもなくつらい目にあったばっかりだったので、
その話をしたくてしたくてしょうがなく、

たぶん言われても困るんだろうなぁと思いつつも我慢できずに、言ってしまったのだが、

やっぱり予想通り、

「あ、そう・・・」

といった感想であった。


そりゃそうだ。


10年ぶりに会った珍しい友達が、
数時間前に肉を詰まらせてたとかどうでもいいよね。知ってる。


でも、俺の立場になって考えてみて。



言うよ。



スゲーつらかったんだもん。それを言わないってのは、俺の人生メインで考えたRPGだとしたら、おかしいよ。
肉の伏線感ハンパないでしょ。
その友達に肉詰まった話をして、立つフラグが必ずあるはずなんだ。


が、やはり特に何もなく、ハハ、くらいの極小の笑いだけを生み、俺の肉が詰まった話は宇宙の果てまで吹き飛んだ。


現実ってなんの意味もない偶然が起きるね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そうなんですよね。
なのに、登場人物が男女になると、運命フラグたったり、意味を見つけたがるから、おかしいことになるんだろう。
肉が詰まったことも、意味があったのかも・・

でもだいたいこじつけで、意味はつけられるんですよね。あとあと。あれはこれのためだったのか!みたいな。ブログに書けたこと自体すでに意味が出てきてるんで、詰まってよかったですわ!
プロフィール

室木おすし

  • Author:室木おすし
  • イラストレーター
    漫画家
    珍遊び探検隊隊長
    釣りバカ日誌好き
    大葉同好会副会長
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。