スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詰まる

打ち合わせと交流会で浅草橋へ。

会終了間際、たくさんの食べ物が残っていたので、せっかくだから食べまくってやろうと、
知人のこの肉うまいよという意見に耳を貸して、肉を貪り食っていたら、完全に喉のおく方に肉がつまり、死にそうになった。

あせっていたのだ。

最終的にテーブルの真ん中にある、フルーツをデザートとして食すタイミングから逆算すると、肉やから揚げなどを食べる時間はおのずと、さほどないことを、私の33年歩んできた体内時計が教えていた。

が、手に取った肉は、端っこの方の、筋と脂身の溢れた、噛み切れないタイプの、それはもうスタローンのような肉だったのだ。


全然噛み切れない。

でもはやく食わないと、デザートが。

で、飲み込む。

詰まる。

泣く。


その後、3時間くらいずっと詰まったまま、苦しかった。もちろんデザートなど論外である。

水を飲むと、胃の上あたりにいる、スタローンが、ガンガン押し返してくる。井上スタローンだ。改名しろスタローン。


吐きも飲み込めもしない。現状維持を貫き通すストイックなスタローン。


で、最後に行った飲み屋の外で、なんとか吐きだすことができたら、

小さいたこ焼きくらいの肉が出てきた。こんなのが詰まっていたのか。


吐き出す瞬間、肉が叫んだエイドリアンという声が、耳の奥でこだましたような気がした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

室木おすし

  • Author:室木おすし
  • イラストレーター
    漫画家
    珍遊び探検隊隊長
    釣りバカ日誌好き
    大葉同好会副会長
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。