限りなく偏差値の高い男を描きたい

イラストレーターたるものクライアントに

偏差値がこの世で一番の男を描いてください。
と言われたら描かなくてはならない。

偏差値が高そうな男ならいけると思うが、
一番高い男を描けというのはかなり難しい。
世のプロイラストレーターもみんな悩むはずだ。


とにかく練習だと思って

まずは偏差値の高そうな学生を描いてみた。

hesati-0001.jpg

どうだ。高いだろう。
偏差値70はある。

投資のことも知ってるはずだ。


言い訳じゃないが、これはさっと数分で描いたので、もっと時間をかければもっと偏差値が高くなるかもしれない。


と、いうわけで
今後今回のこの偏差値70の男をベースに、気が向いたら少しづつ改造していって偏差値を究極にま で高める試みをしてみたいと思う。


まずは70だ。
ここからどう上げるか。
ちょっと今のところ思いつかないが、偏差値2万くらいまではあげたい。




ちなみに下げるのは簡単だ。

例えばこのように

hesati-002.jpg
マントをつけるだけで
偏差値は45くらいに下がる。

マントを好んで付けるのはバカだからだ。




さらにこうすれば、

hesati-003.jpg
偏差値は15だ。

勃起は偏差値の敵だ。





せっかくなのでもう少し下げよう。



hesati-004.jpg
こりゃ偏差値2だ。

いかりや長介ならこいつを見た瞬間にだめだこりゃと言うだろう。

きっと角砂糖ばっかり食べている。




というように下げるのは簡単だが上げるのはかなり難しそうなこの企画、

はたしてどうなることか!

乞うご期待。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

室木おすし

  • Author:室木おすし
  • イラストレーター
    漫画家
    珍遊び探検隊隊長
    釣りバカ日誌好き
    大葉同好会副会長
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる