スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モロゾフのウィスキーボンボンの美味しい食べ方4

さて、モロゾフのウィスキーボンボンの美味しい食べ方も佳境へ。食べ方の佳境なんてものがあるんですね。

おさらいです。

買ってきて、取り出して、見て、包をとって、見て、口に入れる。

大丈夫でしょうか。

ここからが重要、肝心要、いきましょう。




150213morozofu01.gif


少し舐めるんです。
口の中にほんのりチョコが広がります。

この時点で、
すでに美味しい。

そして、
少しチョコが溶けましたら、


150212-moro02.jpg
 

そうです!
すこしかじるのです。


すると、かじった所から中のウィスキーが、少しづつ溢れてきます。


それを!

150213morozofu02.gif

                  吸う!!!



おおお、チョコとウィスキーが少しづつ混じり合って、えも言えぬ美味しさ!

ああ、もっと来いもっと!


ここからは理性を忘れて!



他人の目を気にせず!



欲望に身を任せて!!




150213morozofu03.gif


150213morozofu02-2.gif


150213morozofu03.gif




150213morozofu02-2.gif








・・・・・・・・・・・・・・あああああああ、ああああああああ!!!!!!














150213morozofu06.gif












どうでしょう。これがモロゾフのウィスキーボンボンの美味しい食べ方、その真相です。

あんまりこのページを見ると、いろんな意味で気持ち悪くなるので、すぐに消してくださいね。




要約すると、
口の中でちょっとかじって、少しづつウィスキーを飲むようにチョコを食べると美味しいって話でした。




お疲れ様でした。
皆様よいバレンタインを。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

室木おすし

  • Author:室木おすし
  • イラストレーター
    漫画家
    珍遊び探検隊隊長
    釣りバカ日誌好き
    大葉同好会副会長
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。