ワカサギの件

ワカサギの件を。

2月の最初の方だったかもうさだかではないが、ワカサギ釣りへ行った。

たぶん長野の松原湖だと思う。確証はない。


友達が、現地はマイナス20度だとか、焚き火がそのまま凍ってるとか、勢いよく痰を吐いたら、その瞬間に凍って、向かいにいる人の喉元を割いて死んだとか、えげつない話をしてくるので、それはヤバイと、数週間前から少しずつ防寒対策をしていたのである。

で、できあがったのがこれ。

1402222-01.jpg


なんのこっちゃわからないが、とにかくあったかいやつだ。

上半身は、ヒートテック、ゴルフのすげー温かいやつ、セーター、ユニクロのダウンの上にスノボーのウエア。
下半身は、爆温の気持ちよすぎるタイツ、スエット、ユニクロのたまらなく温かいやつの上にスノボーのウエア。

というモコモコ具合。

これを超える寒さはないだろうとタカをくくって現地についたら驚いた。


クソ暑い!


たまたま暖かい日だったのだけど、10度以上あったと思う。
正直ジャージでやれると思った。


全員、死ぬほど防寒グッズをカバンにパンパンに詰め込んでいたので、情報源だった友達を一斉に非難。挙句にそいつの格好はわりとスマートだったので、火に油を注いだ。


で、ワカサギ釣りは、
とにかく餌をつけるのが非常にムズイ。

針が小さいし、周りが雪で針がよく見えないし、気温が温かいって言っても指は寒し、とにかく大変。

つけかたは絵にするとこんな感じ。


1402222-02.jpg

本当にイラストレーターなのだろうか。っつう絵だけど、
5ミリくらいの蛆虫みたいな虫をくっつけて、さらにそいつのほとんどをハサミで切り落とすという、容赦のない仕掛け。
そうやって小さくしないとワカサギが食べられないのだそう。


んで、湖にあけた穴に入れて釣るわけだ。



1402222-03.jpg


ああ、絵のやる気がでない。

たしか10分とか15分くらいで釣れなかったら、餌の総とっかえという、世にも無慈悲なルールがあり、あまり釣れない時間帯の昼にやり始めた我々は、とにかく、餌をつけては穴に入れ、餌をつけては穴に入れという、地味だけど確実に精神をやられるルーティーンを強いられたのである。


あ、あと、釣り竿にリールがなかったので、いちいちあげるときに手でたぐり寄せる行為も非常に面倒だった。


楽しくやりたいなら、リール付きの竿を買ったほうがいい。それは確実に思った。


んで、最終的には1匹釣れて終了。
0匹の奴もいたので、とりあえずよかった。


総じて言うと、めんどくさいことも多かったが、楽しかった。


が、しかし、最近の都内での極寒の気候であったら、向こうはさらに寒いはずだから、その気温ではたして楽しめるのか。それは未知だ。


来年も行こうという話にはなっているので、それはその時にわかるかも。
といったところです。



では、最後に皆さんお待ちかねのワカサギの絵を。


1402222-04.jpg


よし。
 
スポンサーサイト

ロボコップ

2014年版ロボコップの試写会のチケットをいただいたので、見てきた。

ロボコップ切なすぎるぞ背景。

昔のロボコップってちゃんと見たことがなかったから、よく知らなかったけど、恐ろしい。
ネタバレになるからいわないけどいろいろあるよロボコップ。
自分はロボコップじゃなくて、よかった。ロボコップでない幸せをみんなももっと感じるべきだと思う。

ああ~よかったな♪ロボコップじゃなくて~♪
と、花*花は歌うべきだ。

試写会のゲストはコロッケで、ロボット五木ひろしのイメージで呼ばれたのだろうけど、五木ひろしは少ししか見れなかったが、もろもろ面白かった。

自分の中では、ロボコップといえば、吹越満のロボコップ演芸なので、吹越さんがゲストでも嬉しかったなぁと思うけど、さすがに今さら無理か。






口裂け女がんばれ

ギャオで、ひきこさんVS口裂け女という映画があったので、エイリアンVSプレデターとか、ハンターハンターの旅団の団長VSキルアの親父とか、そういう頂上対決みたいなのが、とにかく好きなので、こんなものがあったのか!と興奮してそく見ようと思ったのだが、

よく考えてみるとひきこさんなる都市伝説を聞いたことがない。

これでは、せっかくの恐ろしい超絶妖怪同士の対決なのに、まるでビジーフォーのモノマネ王座決定戦でやる、何か知らねーけどうめーな、この外国バンドのものまね、みたいな何とも言えない気持ちになりかねないと思い、わざわざひきこさんを調べることにした。

するとどうだろう驚いたことに、なんとひきこさんも口が裂けていたのである。

いやいや、そりゃないだろう。

俺はおもわず口裂け女側に同情してしまったよ。

何、口裂け女最大のアイデンティティ、軽くパクってんだと。それはだめでしょ。口は裂けちゃだめだって。せめて鼻とかにしてよ。
よくもぬけぬけと口を裂けさせたもんだ、都市伝説考えたやつ。なんのモラルもないよ。


ちなみにひきこさんは、2002年頃の都市伝説らしいので、あの大御所、口裂けさんの口裂けをパクルとは、よくもまあである。


映画はまあまあ面白かった。
続編で、ひきこさんVSこっくりさんもあるので、それなら、口裂けかぶりをしてないので、いいかも。見てみよう。





名古屋

雪、ぱないね。

ただの水なのに雪になるだけでなんであんなにもぱないのかね。

あんまり関係ないけど、
ボキャブラ天国で、
山下達郎のクリスマスイブをボキャブって、
「姉は夜更け過ぎにユキエと変わるだろう」(姉の名が、夜になると源氏名に変わる)
とやった回があったが、わりとうまいなぁと思ったのに、
スタジオがかなりのややうけだったことをたまに思い出す。なんてどうでもいい思い出なんだ。


今日は取材で名古屋へ行ってきた。

名古屋城に初めて入ったのだけど、
名古屋城、エレベーター付いてんのね。しらけるわぁ。

取材先で、サインを求められ、しかも似顔絵をせがまれて、すげー緊張した結果、全然うまくかけなく、今、ものすごく書き直したい気分。ああ、下書きすればよかった。しかもよく考えたら自分の名前を書き忘れた。

ああいう時に欲する。圧倒的画力。



東野

ワカサギ以降、激寒の日々が続くが、この寒さだったら、ワカサギスポットは、とんでもない寒さだったろうなぁとしみじみ思う。

しみじみ思うといえば、5、6年前、同業者のサトウヨーコ氏とやりすぎコージーの観覧に行ったことがあった。
あの時、サトウさんが今一番好きな芸人は、東野さんなんですと言っていたのを思い出す。

俺はその時、「え?なんで今さら?」というようなことを言ったと思う。
東野幸治は好きだったけど、なんとなくごっつええ感じの頃のイメージで、今さら感があったからだ。


が、今ここに来て思う。
あ、一番好きかもしれない。と。
(いじり方とかそういうところが)
あの時のサトウさんの気持とはこんな感じだったのかと、ここ2年くらいで、思うようになったのだが、当のサトウ氏は今は一体誰が好きなのか気になるところだ。
一周回ってタヌキが一番面白いですとか言われたらどうしよう。

とにかく
ああ、なるほどなぁと、何かをしみじみ思うと、それにリンクして、サトウさんの東野好き発言が思い出されるのである。

そういうことってありますよね。


ワカサギ

ワカサギ釣ってきましたよ。1匹。労力に全然見合ってないよ。

とりあえず、ちょうど暑い日だったもんで、防寒まったく必要なかった。

ワカサギレポ、書こうかなと思っていますが、今、若干忙しいので、後日に。


釣りは思った以上に楽しかった。
プロフィール

室木おすし

  • Author:室木おすし
  • イラストレーター
    漫画家
    珍遊び探検隊隊長
    釣りバカ日誌好き
    大葉同好会副会長
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる