カルビーカレンダー ラスト

去年の9月よりはじまったカルビーのカレンダーですが、本日で丸一年ということで終了です。

365日 あけたら、はじまる。カレンダー
http://www.calbee.co.jp/chips/enjoy/365calendar/index.html


長かったような、あっという間だったような。
とにかく1年続いた仕事がなくなるってのは悲しいもんです。

かなり没になったネタも多数。
もったいないので、このブログ上でUPしようかな。
いいかな?いいよね。

気が向いたらやろうと思います。といいつつ、やらなそうだけど。

ちゃんとOKが出て、載ったイラストも
最初の方はわりとちゃんとポテトチップスに絡めていたのですが、後半の方から、ただただポテトチップスを持っているだけという、ネタが多発してました。

それでも全部ポテトチップスを絡めようと考えていたので、ネタを考える時はいっつもポテトチップスが食べたくなりました。間違いなくこのコンテンツで一番ポテトチップスを食べたのは僕でしょう。

気に入っているネタはわりとたくさんあるんですけど、ほとんど覚えてません。持ち前の記憶力が2しかないんで。

ぱっと思いつくのは、
ウーマンリブの日を、クーマンリブの日としてクマのデモ行進を描いたのが、描いてる時超ウケました。


つうか困った時はわりとクマを描く癖があるようで、他にもわりとクマが出てます。


あと、ひとつだけすごく覚えているのが、

エスカレーターの日だかで、エスカレーターを下ってるような人が、私は階段を下っているか、エスカレーターを下っているかどっちでしょう?という問いを出して、
どっちでもいいと感じた人は、ツイートしよう!と、たまには見ている人との連動性を出そうとした結果、

ツイートしたのが、俺一人という、
悲しい結果に終わったこと。いや正直予想したんだけど。裏切らないね。その辺。


つうわけで、終わってしまって残念な今日この頃です。誰か仕事ください。


そしてカルビー様、どうかあのカレンダーを日めくりにして僕にください。よろしくお願いします。








スポンサーサイト

映画

ネットでうわさをちらほら聞いていて、見たい!と思っていた映画、

桐島部活やめるってよ

を見てきた。

良かった。良くも悪くも高校生の世界観で、切なくもどうでもいい世界。


ネタバレしたくないので、かかないけど、

高校生のころの特有の、せつなーい、空気感を思い出してよかった。
自分はあの登場人物の中の誰でもない位置にいたと思う。


ただ監督の作品としてはパーマネント野ばらの方がすきだった。比べてもしょうがないけど。あれすごい好きなんで。



桐島部活やめるってよ 名嘘シーン
004-kirisima.jpg




ウクレレ

今日はウクレレの日でした。
http://www.calbee.co.jp/chips/enjoy/365calendar/2012/08/23.html

ウクレレのフォルムって、持ち運びたくなる。

何でも弾けたら、さぞ楽しいだろうなぁ。と思う。

坂崎幸之助さんくらい弾けたらやっぱりずっと持ってるだろうなぁ。ずっと持ってるからああなったんだろうけど。そしてギターだけど。


あの人昔、フリマでアンティークなカメラを出してて、普通のお兄さん×8くらい普通のお兄さんだった。

で、あ、坂崎さんだと思ってカメラを見てたら、そこに仮面ライダーの死神博士でおなじみの天本さんがふらふらと客としてやってきて、なんだか知らないけど、すごい状況に出くわしたなぁと思ったことがあった。

天本さんはでかかった。


黒の女教師

というドラマを

途中からなんとなく見ているのだけど、


毎回、いろいろと登場人物の意味深な表情のシーンがたくさんあって、なんだかもやーとしている。伏線多すぎない?

あれは最初から見ていたらわかるものなのだろうか。

先生達の関係性も良くわからない。

そして
生徒の顔がみんな同じに見える。
これの影響が多大で、物語が混乱する。

よくおっさんが言っていた、若い奴はみんな同じ顔に見える現象が、間違いなく自分を蝕んできてるよおい。

若い奴の顔がみんな同じに見えるか見えないかを中心とした世界なら、完全に後期に入った。BCだよ。

ところでドラマにモロ師岡氏が出ていたので、
ユーチューブで昔のネタをあさっていたら、

どういうわけか最終的に
チャイルズのウィキに辿りつき

磯野貴理子が磯野貴理に改名したと思っていたが、いつの間にか貴理子に戻っている事実に気づいた。


なにやら勝手に騒がしい人だ。




緑の

昔話とかでよくたぬきに化かされて、目が覚めたら何もない原っぱだったみたいな話があるけれど、

あれを一回味わってみたい。

すごく気持ちいいと思うんだ。


化かされている間はもちろん最高の接待を受けているのだろうから、言うことないし、

その上、目が覚めてみると、何もない草原。

不思議!

え?え?なにこれ?

と目覚めてから不思議を楽しめるという寸法だ。

そして気づく、飲んだり食ったりしたのは嘘だったのだと。


なんて体に良いのだろう。


あんなに食ったのに!あんなに飲んだのに!
全部嘘!

太らない!肝臓に負荷がかからない!

ましてや、ロハ!


加えて夏の終わりあたりなんて、草原で目覚めた時の心地よさね。



一体何重にメリットがあるんだ。


伊達に玉金がでかいだけあるわ、たぬき。

あれ今思ったけど、碇の役割?もしかしてたぬきの玉金って。



キングオブ荒くれ者

今日、駅でとんでもない荒くれ者を見てしまった。


まず、ドン!という激しい音がしたので何かと思ったら、

荒くれ者が、たぶん、自動改札を何の躊躇もなく蹴破って出てきたと見受けられた。



歳は、20代後半から30代前半。見た目は完全にチンピラ。

目つきがヤバイ。

全員に殺意を抱いている目だ。


そして何より一番目を引いたのが、歩き方だ。



風を切る切る。肩で。


おたくの肩よく切れますなー。ドイツ製ですか?と言わんばかりの切れっぷり。あの肩通販で売ったら、おば様方こぞって買うだろう。


にしてもあんなに肩で風を切って歩く人はじめてみたし、
切りすぎて、肩の動きおかしいことになっていた。クロール?っつうくらいくねくねしてるんだ。


コントのチンピラの歩き方そのまんま。


さらに、混雑している駅ビルの中、当たり前のようにタバコに火をつけた。
嫌だよー。

そのままくねくね切り切り突き進む。

少しでも調子に乗ってそうな、奴を見つけると、顔を90度傾けて、3代にわたっ恨んでますと言わんばかりの睨み。誰一人喧嘩にならない。だってやばすぎるから。

そして
駅を出たところ、交番があったのだが、

その荒くれ者、ずかずかと交番の方へ近づき、中を覗き込んだ。


何をするのかと思ったら、

なんと窓ガラスにすっていたタバコをぶちあてたのだ。警察はいなかったが。


まじか、おい。


世の中には全く話が通じそうにない人っていうのが、確実にいるんだなぁと思い知った。怖いわ。



お人形のよう

お人形さんのような美人という表現があるが、

よくよく考えてみると、


人形はもともと人間に似せて作っているもので、どんな人形を見ても人間より良いと思ったことは一度もない。
それに似ているということは、


そこそこ美人


ということになるのではなかろうか。


というか、


「まーお人形さんのよう」

というお世辞に、そもそもうっすらとした嫌味を感じる。
こういうお世辞を言う奴は三角のめがねをして出っ歯と相場が決まっているのだ。


まーお人形さんのよう


をしっかりと訳すと、


まー美人だけど、人形レベルですね


となる。


みなさん注意が必要です。




焼けた


先日久しぶりに江ノ島へ行ったら、やばい。夏だね。

頭悪いです!と言わんばかりの連中が楽しそうにたくさんはしゃいでいた。そうこなくては。
見渡せば、周りにいる地元の友達は全員もれなく頭が悪そう。というか悪いんだけど。

海辺の人がみんな相棒の右京さんみたいだったらテンションさがるもんね。

にしても江ノ島水族館あたりもすごくおしゃれになっていてビックり。ハワイだわもうあそこ。

帰り小田急に乗ったら、客の半分がものすげーいかつい外人ばっかりで、海外感がはんぱない。知らない間にどえらいことになってやがる江ノ島。
この勢いで江ノ島内部に米軍基地できたらどおしよう。灯台に2名くらい配置で。


次の日はゴルフへ行ったので2日間で、クソ焼けた。ひりひりする。


おとつら

この間テレビで男はつらいよがやっていたので、ふとずっと見てしまったが、
やっぱりいいなー男はつらいよは。気持ちがおおらかになる。

映画館でみたい。

ナンシー関の本で正月は男はつらいよを見ないと始まらないよと言うような人が本当に実在するのだろうか、というようなことを書いてたと思うのだけど、正月に映画館で是非見たい。実際なかなかやれなそうだけど。
映画を見るというより心の平和を買いに行くという感覚に近い気がする。

CMでやっている、リチャードキアの寅さんも結構いい。映画にはしなくていいけど、あのシリーズのCMもっとほしい。

にしてもトヨタの実写版ドラえもんのCMのジャンレノは完全に出オチだったね。



商店街プロレス

土曜日に白楽で開催された商店街プロレスを見に行ってきました。

青空の中、ビールを飲みながらプロレス観戦、とても乙。オッツ、オラ悟空。

129804-001.jpg

商店街プロレスは大人気で、常連がたくさんいた。

うちらは前から三列目で見ていたのだけど、場外乱闘の時、目の前まで豊田真奈美選手が吹っ飛ばされてきて、貴重な体験を出来た。

それと、場外乱闘で、俺の近くを邪鬼という選手が通ったので、調子に乗って背中を叩いたら、半端なく首絞められるというさらに貴重な体験もしてしまった。超びびった!

120804-02.jpg
↑この直後にやられる

でもすごい楽しかった!





ハーパン中毒

ゴルフ用にと、すごい涼しいテラテラのハーフパンツを購入したら、涼しい上に楽すぎて普段から出かける時は毎日履くようになってしまった。

すげーいいわー。このハーフパンツ。

楽な上に着心地がよい。ももに当たる感触がやわらかく心地よい。

もはや履きたいがために出かけたくなるほどなのだ。


いや、もうだめだ。出かけなくても履きたい。
今履いてないけど、猛烈に履きたい。


ああ、もしかしたらこれは違法なのかもしれない。

違法でないとこの着心地はありえないような気がする。



やばい!取り締まられる!


履きすぎて取り締まられる!


くそお!国家権力め!俺のハーパンを取り締まるとは!



地下だ!


地下で履くぞ!





殺人事件


先日テレビの再放送かなにかで、

米沢牛しゃぶしゃぶ食べ放題殺人事件というミステリーがやっていたが、

一体どういった事件だったのだろう。

最後の方だけ見たけども、
赤井英和と片平なぎさがなんだか真剣な顔をして芝居していたが、

題名が情けないもんで、どうもふざけているようにしか見えなかった。

殺人事件の名前はもうにっちもさっちもいかなくなっているようだ。


犯人はゴマダレを唯一使用してない、そう、あなたです。


とかそういう感じだったのかな。




プロフィール

室木おすし

  • Author:室木おすし
  • イラストレーター
    漫画家
    珍遊び探検隊隊長
    釣りバカ日誌好き
    大葉同好会副会長
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる